TEL 03-3355-2520

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-19
第一上野ビル8F

新宿区四谷・四ツ谷駅2分|口腔外科、インプラント、ホワイトニング対応

くまひげ通信

みんなの歯医者さんネット

EPARK歯科 ネット予約受付中

QRを読み込んでいただくとモバイルサイトがご覧いただけます。
HOME»  くまひげ通信»  最新歯科材料『ジルコニア』

最新歯科材料『ジルコニア』

最新歯科材料『ジルコニア』

審美性を求める歯冠修復(被せもの)において、従来はメタルボンドポーセレンクラウン(陶材冠、セラミックス冠)が一般的でしたが、近年ジルコニアが新たに登場しました。

ジルコニアとは、ZrO2(二酸化ジルコニウム)のことです。
ZrO2を安定化することで耐熱性セラミックスとして広く活用され、その複合材料としては人工ダイヤモンド、刃物、車の耐熱耐蝕用材料として使われています。

その利点は、
★金属を使用しないので光透過性に優れ、透明感のある美しさを可能にしたこと。
★経年時にも金属イオンの溶出による歯肉の変色がないこと。
★金属アレルギーの方でも安心して使えること(人工股関節の骨頭などにも応用され、その優れた生体親和性は証明済み)。
★強度が高いこと(奥歯のブリッジにも使用可)。
★比重が金属使用時のおよそ3分の1であること(多数歯を修復すると従来の冠に比べて軽く出来るため、違和感が少ない)。

欠点は、
★強度が高すぎるため、トラブルが起きた時に壊しにくいこと。
※当院においては接着時に弱めのセメントで着けて、いざという時に対応できるようにしています。
★保険適用外なので費用が高いこと。

当院では、ジルコニアによる歯冠修復を多くの患者さんに提供し、非常にご満足いただいています。

ご興味のある方は当院までお問い合わせください。

 

2015-10-16 17:13:47