TEL 03-3355-2520

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-19
第一上野ビル8F

新宿区四谷・四ツ谷駅2分|口腔外科、インプラント、ホワイトニング対応

くまひげ通信

みんなの歯医者さんネット

EPARK歯科 ネット予約受付中

QRを読み込んでいただくとモバイルサイトがご覧いただけます。
HOME»  くまひげ通信»  上手な歯みがきのススメ

上手な歯みがきのススメ

上手な歯みがきのススメ

先日ニュースでも聞いた話ですが、最近では若い女性を中心に、一日3回以上歯みがきをするのが習慣だという方が増えているそうです。しかも、関西地方よりも関東地方のほうが磨く回数が多いそうです。なかなか興味深いデータだと思います。

ところで、歯科医院としては、一日に何回も歯みがきをされるということは、大変よいことであると考える一方、果たして効果的な歯みがきをされているのか・・・?と、少々疑問に思うこともあります。正しい歯みがきをしないと、虫歯だけでなく、歯周病も引き起こすことがあります。歯周病の予防と治療には何よりも歯みがきが重要です。一日に何度も磨いているからと安心していませんか。

さて、あなたは一日のうち、いつの歯みがきに重点をおいていますか?一日に一回しか磨かない方も、3回以上磨く方も、一日のうちで、一番しっかり歯みがきをしていただきたいのは、やはり夜寝る前です。細菌は夜寝ている間に培養されるからです。私の場合、ソファに座って脇にクッションを挟み、テレビを見ながら15分から30分くらいかけて磨いています。本や新聞を読みながらテーブルに肘をついて磨くのも、腕が疲れなくてよいでしょう。長い時間磨くためには、リラックスした姿勢が大切です。

ではここで、効果的な歯みがきの仕方をお教えしたいと思います。準備するものは基本的には歯ブラシ1本です。歯ブラシは、ブラシ部分(頭の部分)が小さめのものがお勧めです。

まず歯ブラシは水で濡らし、歯磨き粉などはつけずに、軽く鉛筆を握るように持ちましょう。口は閉じた状態で磨きます。こうすると奥歯まで歯ブラシが届き、全体がうまく磨けます。(大きく口を開けたほうがよく磨けるように思いがちですが、大きく口を開けると、頬の筋肉がつっぱって奥歯まで歯ブラシが届きません。また、歯磨き粉をつけると、口を閉じた状態では歯磨き粉の発泡剤による泡が漏れてしまうので、どうしても口を開けて磨くことになってしまうからです。)磨いている途中でつばが溜まってきたら、その都度吐き出してください。

各部位の磨き方のポイントは次の通りです。歯と歯肉のさかい目は、そこに毛先をあてて、軽い力で小さく往復運動させます。歯と歯の間は、その間に毛先を入れてから、上下左右に小きざみにふるわします。歯と歯の間にものがはさまる場合は、フロスなどを併用すると効果的です。フロスが上手に使えないという方には、糸ようじのように使いやすいものや、歯間ブラシなどがあるので、上手に利用しましょう。

力を入れて磨きすぎると、歯肉に傷がつくので、軽い力で磨きましょう。

さあ、きれいに磨けましたか?舌で歯を舐めてみてザラザラ、ヌルヌルしていませんか?では、最後にミント味などですっきりしたいという方は、ここで歯磨き粉をつけて仕上げをしてください。歯みがきは、歯磨き粉の効能に頼るのではなく、あくまでも丁寧なブラッシングによって効果が上がる、ということを覚えておいてください。

このようにして、一日一回丁寧な歯みがきをしていれば、あとは軽く磨く程度で大丈夫!いつもすっきり爽快な口元が演出できるはずです。

 

2015-10-16 16:54:04